トヨタ紡織九州-トヨタ車体 後半、シュートを放つトヨタ紡織九州のLB田中大斗(左)=13日、愛知県の枇杷島スポーツセンター

 日本ハンドボールリーグ男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は、リーグ第20週第1日の20日正午から、愛知県のウィングアリーナ刈谷で首位の豊田合成と対戦する。上位4チームによるプレーオフ進出の可能性は前週でなくなったが、得意の堅守速攻で強敵に挑み、白星を奪いたい。

 トヨタ紡織九州は通算成績7勝2分け8敗(勝ち点16)で5位。11日の湧永製薬戦はGK小峰大知(佐賀清和高卒)の好セーブも光り、30-24で快勝した。13日の4位トヨタ車体戦は4点差で敗れたが、1巡目の対戦では大敗した相手に肉薄する粘りを見せた。

 豊田合成は16勝1分け無敗と圧倒的な力を誇り、昨年12月に開催された日本選手権も制した。昨年10月の前回対戦で21-32と完敗を喫したリーグ屈指の強豪に、今季積み上げてきた戦術がどれだけ通用するかを試したい。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加