「諸富家具コレクション」の会場となっているJR佐賀駅構内。新作などが並んでいる

木でつくった小物など諸富家具の商品が並ぶコムボックス佐賀駅前内の「SAGA MADO」

「諸富家具コレクション」の会場となっているJR佐賀駅構内

 佐賀県内の家具メーカー5社が手掛けた新作を紹介する「諸富家具コレクション」(諸富家具振興協同組合主催)が、JR佐賀駅など佐賀市内4カ所で開かれている。テーブルや椅子、小物のほか、テレワーク向けの簡易デスク、多機能消毒液スタンドなど新しい生活スタイルを提案する新作も並ぶ。21日まで。

 出品しているのは、平田椅子製作所(佐賀市)、レグナテック(同)、門田木工(同)、東馬(神埼市)、ミマツ工芸(同)。JR佐賀駅構内では、海外輸出で実績を上げている「有明」ブランドの新作家具を展示。音楽と照明などの演出も加わり、構内とは思えない雰囲気の中に並んでいる。

 四つの会場を巡るスタンプラリーも開催。オリジナルの木製コースターがもらえるとあって、子どもと一緒に会場を巡った佐賀市の30代の主婦は「子どもも楽しんでくれたのでよかった」と話した。

 会場はJR佐賀駅構内、コムボックス佐賀駅前内の「SAGA MADO」、佐賀バルーンミュージアム、「JONAI SQUARE」。午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで)。20、21日は、県内の酒造、和紙、食品メーカーなど異業種11社による統一ブランド「SAGA COLLECTIVE(サガ コレクティブ)」の商品が「JONAI SQUARE」で初披露される。(志波知佳)

「諸富家具コレクション」JR佐賀駅などで開催
このエントリーをはてなブックマークに追加