感謝状を贈られた佐賀新聞鹿島中央販売店主任の永吉誠さん=鹿島署

感謝状を受け取る佐賀新聞鹿島中央販売店主任の永吉誠さん(左)=鹿島署

 大雪の日の新聞配達中に高齢男性を保護したとして、鹿島署(坂本秀人署長)は18日、佐賀新聞鹿島中央販売店の永吉誠主任(60)に署長感謝状を贈った。鹿島署は「声掛けがなければ、重篤な状態になっていたかもしれない」と功労をたたえた。

 大雪が降った1月9日午前4時ごろ、永吉さんは鹿島市内の配達先のアパート前で「声が聞こえた」という。声がした方へ懐中電灯を向けると、手と膝をついた高齢男性が助けを求めていた。手を引いて屋根のある場所に移動させ、鹿島署に連絡を入れた。

 鹿島署によると、男性は頭部に軽いけがを負っていた。永吉さんが「家はどこ」と尋ねたが、男性は「分からない」と返答。辺りは暗く、寒さで弱っている状態だった。坂本署長は「適切な通報と安全確保に感謝したい」と話した。

 こうした事態に備えて永吉さんは、鹿島署の電話番号を携帯電話に登録していたという。「その後に(男性が)元気になられたと連絡があり、安心しました」と語った。(中島幸毅)

このエントリーをはてなブックマークに追加