佐賀県の山口祥義知事は18日、島根県の丸山達也知事が東京都の新型コロナウイルスの感染状況を理由に東京五輪の聖火リレー中止の意向を表明したことについて「首都圏でしっかり(積極的疫学調査をして)追ってほしいという趣旨は分かる」とした上で「(佐賀県は)聖火リレーとリンクさせるつもりはない」と準備を継続する考えを示した。県庁で記者団に答えた。

 山口知事はこれまでも首都圏などの緊急事態宣言の解除に関し「種火が残っている状態で解除し、地方で感染が再拡大することを強く懸念している」などと発言してきた。

 山口知事は「(聖火リレー中止意向の)趣旨は分かる。私たち小さな県は(疫学調査を)やり続けているので、首都圏でしっかりやってほしいと訴えたかったのだろう」と推し量った。「(その訴えを)聖火リレーと組み合わせるかどうかは政治家それぞれの判断だと思うし、(佐賀県は)リンクさせるつもりはない」と話した。(栗林賢)

このエントリーをはてなブックマークに追加