佐賀市は、3月1日に新型コロナワクチンの接種に関するコールセンターを設置する方針を明らかにした。接種の手続きに関する市民からの問い合わせ全般に対応する。18日の市議会全員協議会で説明した。

 米ファイザー社のワクチン接種は16歳以上が対象で、接種体制はかかりつけ医などで接種する「個別接種」を基本とし、市有施設での「集団接種」を併用する。集団接種は平日夜間や日曜日にも会場を設ける。個別接種に協力する医療機関は約50機関を想定している。

 コールセンターは電話0952(27)8755で、平日午前9時から午後5時まで運用する。「接種券はいつ届くか」「予診票の書き方は」といった疑問に答える。

 また、新型コロナ対策として2020年度補正予算案と21年度当初追加補正予算案に計12億円規模を盛り込むと説明した。プレミアム付き商品券発行や宿泊支援などを行う。(川﨑久美子)

このエントリーをはてなブックマークに追加