来店を呼び掛ける店長の田渕陽介さん=佐賀市の「超天丼 虎之介」佐賀木原店

エビ2尾、穴子、名物半熟とろ玉天、大葉、カボチャ、ノリの天ぷらがのった「超天丼」

 はみ出す天ぷらが目を引く天丼専門店「超天丼 虎之介」が、佐賀市木原にオープンしました。熊本市に本店があり、県内では佐賀市高木瀬東に続く2号店。店長の田渕陽介さん(42)は「カウンター席もあり、お一人でも来店しやすいです。行きたいけど高木瀬東店が遠かった人にも来ていただけたら」と話します。

 大人気の「超天丼」(1300円)は、一匹まるごとサクッと揚げた大きな「穴子」に、食べた瞬間とろけ出す「名物半熟とろ玉天」など、七つの天ぷらが丼から溢れるほど盛られ、カツオなどのだしを半日煮詰めた濃厚なタレが味を深めます。

 全3種の天丼があり、サンショウが隠し味の三つ葉の赤だしのほか、イカの塩辛、白ショウガ、白菜キムチの4点が付きます。イカの塩辛にはユズ皮をあえ、さっぱりと風味が良く、100グラム500円でお持ち帰りもできます。

 作りたて「超天丼」のテイクアウト(1200円、4点セットは付きません)もあり、多い日には80個売れるほどの人気ぶり。店頭での注文のほか、電話予約も受け付けています。(森田夏穂)

※価格は全て税込み

 

DATA

[住]佐賀市木原3-17-25

[電]0952(22)3880

[営]11~22時

このエントリーをはてなブックマークに追加