強風の影響で17日、JR筑肥線の加布里―筑前深江間と東唐津―唐津間で、運転見合わせや徐行運転を繰り返し、運休や遅れが発生した。

 JR九州によると、加布里―筑前深江間は午前5時20分ごろから約5時間半、午前11時以降も断続的に徐行運転を実施した。佐賀地方気象台によると、同日午後4時半ごろ、唐津市で最大瞬間風速20・7メートルを観測した。

このエントリーをはてなブックマークに追加