雪で白くかすむ佐賀市中心部=17日午前10時ごろ、佐賀市松原

雪が吹雪く中、スリップしないように低速で走行する乗用車=佐賀市大和町松瀬付近

 佐賀県内は17日、上空に強い寒気が流れ込んだ影響で断続的に雪が降り、伊万里市では午前9時時点で1センチの積雪を記録した。18日も昼前にかけて大雪になる見込みで、佐賀地方気象台は、風雪での視界不良や路面凍結による交通障害などに注意するよう呼び掛けている。

 気象台によると、佐賀市で午前11時20分ごろ、気温が氷点下1・2度を記録し、観測地点の唐津、伊万里、嬉野、佐賀空港でも0度を下回った。

 18日にかけて、九州北部の上空約1500メートルに氷点下12度以下の強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置になる。同日午後6時までの24時間降雪量は多い所で山間部10センチ、平野部5センチを予想している。予想最高気温は伊万里市3度、佐賀市4度で、平年より約8~9度下がる見込み。

 NEXCO西日本によると、降雪状況によっては高速道で通行止めをする場合があるとしている。県教育委員会によると、県立高校では、佐賀市と鳥栖市の計3校が始業時間を遅らせる対応を取る。(松岡蒼大、岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加