佐賀県ヤクルト販売の寺井啓一社長(左)から寄付金の目録を受けとった大川内直人健康福祉部長=佐賀県庁

 佐賀県ヤクルト販売(佐賀市、寺井啓一社長)は16日、佐賀県に20万円を寄付した。佐賀銀行が扱うSDGs私募債の発行額の一部を寄付に充てた。県では、新型コロナウイルス感染拡大防止対策に活用する。

 県庁で開かれた贈呈式では、寄付した県ヤクルト販売の寺井社長に感謝状が贈られた。大川内直人健康福祉部長は「有効に活用したい。感染者に対する誹謗ひぼう中傷にも、皆さまの気持ちが、無くす方向に働いてくれると期待したい」と感謝した。

 寺井社長は「感染拡大の防止に役立ててもらえれば」と話していた。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加