佐賀県の山口祥義知事は17日、県内の新型コロナウイルスの感染状況に関し、「ステージ2」から最も低い「1」に引き下げると発表した。新規感染者が3日連続で確認されず、病床使用率も1桁台に下がったことなどから判断した。

 山口知事は県庁で開いた17日の対策本部会議で「発生は散発的で、病床も逼迫(ひっぱく)している状況にない」と述べた。

 県は1月8日、政府分科会が感染状況を4段階で示す区分で、徐々に増えている「ステージ2」との認識を示し、同月15日には感染が急増している「3」に引き上げた。県内全域の飲食店への営業時間短縮を要請し、病床使用率が改善したことなどから、2月5日に「2」に引き下げていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加