30回目の定期演奏会で演奏を披露する佐賀学園高吹奏楽部の部員ら=佐賀市文化会館

30回目の定期演奏会で演奏を披露する佐賀学園高吹奏楽部の部員ら=佐賀市文化会館

 佐賀学園高吹奏楽部の第30回定期演奏会が10、11の両日、佐賀市文化会館で開かれた。最後の演奏会となる3年生22人を含む部員93人が、感謝の思いとともに音楽を楽しむ喜びを伝えた。

 ジョン・ウィリアムズの「オリンピックファンファーレ・アンド・テーマ」で華やかに開演を祝し、今年中止になった吹奏楽コンクールの課題曲「エールマーチ」など約15曲を演奏した。毎年企画するメドレー「ヒットパレード」では、「年下の男の子」や「紅蓮華(ぐれんげ)」など昭和から令和時代までのヒット曲を歌い踊って会場を盛り上げた。

 3年の友清春菜部長は、コロナ禍に見舞われた最終学年を「演奏できることが当たり前じゃないことを実感し、より周囲に感謝の気持ちを持てるようになった一年だった」と振り返り「演奏会を実現できたことにも感謝している」と喜びをかみしめていた。(花木芙美)

佐賀学園高が定期演奏会
このエントリーをはてなブックマークに追加