SAGAアリーナのコンベンション誘致に関する初回の会議であいさつする山口祥義知事=佐賀県庁

 佐賀市日の出に建設中の「SAGAアリーナ」にコンベンションを誘致するためのチームが16日、県庁で発足した。受け皿になる県の支援メニューやアリーナの魅力を打ち出し、大規模な学会や国際会議を呼び込む。

 県庁で同日開かれた初会合で山口祥義知事は、コンベンション誘致に向けて「セールスマンになって」と激励した。日野稔邦チームリーダーは「主催者側から見て、佐賀でコンベンションをやりたいと思えるようなサポートを打ち出したい」と述べた。

 チームは、SAGAサンライズパーク整備推進課や観光課など四つの部署の14人で構成。財政支援を想定したサポート体制などを協議していく。誘致は来年度から本格化するという。

 会議では「受け入れ側の宿泊業も、大規模な会場ができることはあまり知られていない。意識を変えていかなければいけない」「競合が福岡や長崎になる。独自の支援メニューを考えて主催者に訴えることが必要」などの意見が出た。

 アリーナは鉄骨4階建てで、延べ面積は2万9800平方メートル。観客席は計8850席。23年3月ごろのオープンを目指している。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加