高橋清孝氏

 佐賀新聞社が主催する佐賀政経懇話会と佐賀西部政経セミナーが24、25の両日、佐賀市と鹿島市でそれぞれ開かれる。元内閣危機管理監の高橋清孝氏が「我が国の危機管理と今後の課題について」をテーマに講演する。

 高橋氏は1957年生まれ、千葉県出身。東京大法学部卒業後、警察庁に入庁し、北海道警本部長、警察庁警備局長、警視総監などを経て2019年4月まで内閣危機管理監を務めた。現在は日本製鉄顧問。東日本大震災から10年となり、新型コロナウイルスの感染拡大も続く中、政府の危機管理体制の現状などを解説しながら今後の在り方を展望する。

 佐賀政経懇話会は24日、佐賀市のホテルニューオータニ佐賀で。佐賀西部政経セミナーは25日、鹿島市の割烹清川で。いずれも午前11時から開始する。

 問い合わせは佐賀新聞文化センター、電話0952(25)2160へ。(山本礼史)

このエントリーをはてなブックマークに追加