上空に強い寒気が流れ込んで冬型の気圧配置が強まる影響で、佐賀県内は17日から18日にかけて大雪になる恐れがある。佐賀地方気象台は、路面凍結や交通機関の乱れなどへの警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、上空約1500メートルに氷点下12度以下の強い寒気が流れ込む影響で、山間部では17日の昼すぎから、平野部でも夜から大雪になる見込み。同日午後6時までの24時間降雪量は、多いところで山間部5センチ、平野部1センチ、同日午後6時からの24時間降雪量は山間部5~10センチ、平野部1~5センチを予想している。

 17日の最高気温は佐賀、伊万里ともに4度で、平年より約8度下がる見込み。気象台は風雪による視界不良や交通障害、農作物の管理などへの注意を呼び掛けている。(松岡蒼大)

このエントリーをはてなブックマークに追加