唐津市は、第三者の申請で住民票や戸籍謄本などを交付した場合、その事実を本人に通知する制度を6月2日から始める。不正請求による個人情報の流出を防ぐのが狙いで、県内の自治体では、佐賀市が7月から導入する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加