県町村議会議長会であいさつする松尾会長=佐賀市のホテルマリターレ創世佐賀

 佐賀県内10町の議長でつくる「県町村議会議長会」(会長・松尾文則西松浦郡有田町議会議長)が15日、佐賀市のホテルマリターレ創世佐賀で定期総会を開き、新型コロナウイルス感染拡大防止などを盛り込んだ決議を採択した。

 決議では、新型コロナが甚大な社会的影響をもたらし、自主財源が限られる中で自治体に対応が求められていることを指摘。感染拡大防止、万全な経済対策の実現に向け、地方交付税など一般財源の充実確保が不可欠としている。決議は後日、県選出の国会議員に提出する。

 新年度予算などが可決され、議会運営や地域振興に長年尽くした議長や議員の表彰もあった。(大田浩司)

このエントリーをはてなブックマークに追加