唐津東高書道部の作品を設置する唐津税務署の職員=唐津市南城内の大手口バスセンター

 16日から始まる確定申告受け付けの広報の一環として、唐津市の大手口バスセンターに唐津東高書道部の書道作品が展示されている。「確定申告はスマホでe-Tax」と呼び掛けるとともに「コロナには負けんばい!」という文字が力強く書かれている。展示は3月16日まで。

 申告受け付け開始を前に、より多くの人に関心を持ってもらおうと、唐津税務署が作品制作を依頼。当初はバスセンターでパフォーマンスをする予定だったが、新型コロナウイルス対策のため、展示のみとなった。2年生4人が縦2メートル、横4・5メートルの大作を作り上げた。書道部顧問の立川景子教諭(39)は「成果を披露する機会がなく、(今回の展示は)ありがたい。生徒たちの力にもなる」と感謝する。

 唐津税務署(千代田町)には1年生7人が制作した2作品も展示されている。「高校生が頑張って作った作品なら、目にも留まりやすいし、メッセージが強い」と税務署の担当者。初の試みだったが、来年以降も管内の高校書道部に制作を依頼していくという。(中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加