多久市の児童交通指導委員委嘱状交付式と懇談会が13日、多久幹部派出所であった。市内3校の6年生12人が委嘱状を受け取り、「全校児童が安全に登下校できるよう頑張りたい」と意欲を燃やした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加