唐津署は13日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、東松浦郡玄海町の会社員の男(41)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後2時25分ごろ、唐津市鏡の国道202号で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。

 同署によると、男が信号停車中の乗用車に追突して玉突き事故を起こし、自ら110番した。調べたところ呼気1リットル中0・43ミリグラムのアルコールが検出された。

このエントリーをはてなブックマークに追加