連合佐賀(相川司会長)は9日、労働者保護ルールの改悪阻止を目的にした「全国縦断アピールリレー」を行った。連合長崎からたすきを受け、連合傘下の労組員が武雄市から佐賀市まで歩き、県民に労働者保護を訴えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加