県警の署長会議が9日、県警本部で開かれ、官民一体での暴力団対策の推進や、全国的に問題となっている危険ドラッグ対策の強化などを確認した。 県内10警察署の署長や本部の幹部ら約60人が出席。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加