トヨタ紡織九州-トヨタ車体 前半、相手の攻撃を阻むPV酒井翔一朗(左)らトヨタ紡織九州の選手たち=愛知県の枇杷島スポーツセンター

 第45回日本ハンドボールリーグ第19週第2日は13日、愛知県の枇杷島スポーツセンターなどであり、トヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)はトヨタ車体に28-32で惜敗した。通算成績は7勝2分け8敗(勝ち点16)で、順位は変わらず5位。3試合を残し、上位4チームによるプレーオフ進出の可能性がなくなった。

 トヨタ紡織九州は前半、高い攻撃力を誇る相手に対して堅い守備で対抗。リードは許したもののPV酒井翔一朗やRW荒川蔵人の得点で食らい付き、13-16で折り返した。後半はLW梅本貴朗が得点を重ね、24-21と一時は逆転に成功した。その後は互いに一歩も譲らない展開となり、残り10分を切って26-26となったが、終盤に連続失点を許して引き離された。

 トヨタ紡織九州は第20週第1日の20日正午から、愛知県のウィングアリーナ刈谷で豊田合成と対戦する。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加