「SDGs宣言」を制定したホンダカーズ中央佐賀の社員たち=佐賀市の同社

 ホンダカーズ中央佐賀(本社・佐賀市、大橋友文社長)は、国連が定めたSDGs(持続可能な開発目標)の活動に力を入れるため、「SDGs宣言」を制定した。ペットボトルキャップの収集など、これまで店舗ごとに実施していた取り組みを共有し、持続可能な社会の実現を目指す。

 同社は昨夏から研修会や勉強会を開き、SDGsへの理解を深めてきた。立ち上げた推進委員会やプロジェクトチームでは、ディーラーとしてできることを検討。ペットボトルキャップの収集をはじめ、こども110番の家、ペーパーレスなどの地域貢献活動を広げていくという。

 宣言を出すことで意識をさらに高め、取り組みの充実を図る。大橋社長は「地域の皆さんと共に、明るい持続可能な社会の実現に向けて取り組みたい」と語る。(中島佑子)

このエントリーをはてなブックマークに追加