寺川琉之介くん

 大学生や社会人のトップスイマーにも負けない、堂々たる泳ぎを見せました。男子50メートル背泳(せおよ)ぎに出場した寺川琉之介君(ビート伊万里(いまり)、武雄青陵(たけおせいりょう)中3年)が、予選で26秒05をマークし、日本競泳界の第一人者・萩野公介さん(ブリヂストン)が2009年11月に出した日本中学記録を0秒12更新(こうしん)しました。寺川君は「練習の感覚から中学新は出る気がしていた。力まず、冷静に泳げた」と振(ふ)り返(かえ)りました。
 スタートの浮(う)き上(あ)がりでミスがあったというものの、その後はゴールまで一気に加速しました。「体が浮(う)いた状態(じょうたい)でも普段(ふだん)通りにまっすぐな姿勢(しせい)を保(たも)てた」。場内に中学新記録がアナウンスされると、左腕(ひだりうで)を突(つ)き上(あ)げて喜びを表現(ひょうげん)しました。
 決勝進出圏内(けんない)となる全体8位の好記録。ただ、同タイムで並(なら)んだ大学生選手とのスイムオフ(勝者決定戦)に敗れて予選突破(とっぱ)はなりませんでした。順位を意識(いしき)して臨(のぞ)んだ大会ではなかったものの、「あそこまで行ったからには決勝に残りたかった」と悔(くや)しさもにじませました。
 176センチの長身。小学生時代にも萩野さんの記録を破(やぶ)って日本学童新を樹立(じゅりつ)しました。将来(しょうらい)は「世界新記録」という大きな目標を掲(かか)げます。高校進学後も県内で競技(きょうぎ)を続ける寺川君は「50バック(背泳(せおよ)ぎ)にとらわれず、できるだけ早く高校新を出したい」と次の目標を見据(みす)えました。(7日付11面・古川浩司)

このエントリーをはてなブックマークに追加