男女共同参画関連のフォーラムで、オンラインで講演した山口香JOC理事=佐賀市天神のアバンセ

 辞意を固めた東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言に関し、11日に佐賀市で開かれた男女共同参画関連のフォーラムにオンラインで参加した日本オリンピック委員会(JOC)の山口香理事は、森発言を問題視し「スポーツや組織の会議では男女のバランスが必要」と指摘した。

 森会長が「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと述べたことについて、山口理事は講演で「会議で女性が少ないと、『自分はこう』ではなく『女はこう』とくくられてしまう」と述べた。その上で「男性や女性ではなく、一人一人に違いがあり、それが大事なこと。個人が失われないためにも、スポーツや組織の会議で男女のバランスが必要になる」と強調した。

 山口氏は1988年ソウル五輪の柔道銅メダリストで、佐賀市とアバンセが主催したフォーラムで講師を務めた。(山本礼史)

このエントリーをはてなブックマークに追加