トヨタ紡織九州-湧永製薬 後半、トヨタ紡織九州のPV酒井翔一朗がゴールを決めて16-12と突き放す=兵庫県の明石中央体育会館

 第45回日本ハンドボールリーグ第19週第1日は11日、兵庫県の明石中央体育会館などであり、トヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は湧永製薬に30-24で快勝した。通算成績は7勝2分け7敗(勝ち点16)で、順位を一つ上げて5位。

 トヨタ紡織九州は前半、RB三重樹弥のシュートで先制。その後は一進一退の攻防が続いたが、終盤に三重やPV酒井翔一朗の3連続得点で突き放し、15-12で折り返した。後半は、相手が2分間退場となった数的有利な状況で連続得点を奪い、GK小峰大知の好セーブから速攻で得点を決めるなどリードを広げた。

 トヨタ紡織九州は第19週第2日の13日午後3時15分から、愛知県の枇杷島スポーツセンターでトヨタ車体と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加