有明海再生を考える公開討論会(NPO有明海再生機構主催)が18日、佐賀市文化会館で開かれた。熊本県立大学の堤裕昭教授ら研究者7人が異変に関するこれまでの科学的な知見を報告。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加