早稲田佐賀中競走部

 駅伝大会や中学総体で上位入賞を目指す早稲田佐賀中競走部。男女合同の13人で互いに切磋琢磨(せっさたくま)しながら練習に励んでいる。

 長距離と短距離に分かれ、走り込みなどの体力づくりや基礎的なフォームの習熟に力を入れる。短距離主将で2年の安東千織さんは全国レベルの先輩の背中を見てきた。「誇りだった。今も記録を縮める部員に刺激を受けて頑張ろうと思う」と話す。

 長距離は秋に唐津地区の駅伝大会に出場し、力走を見せた。「練習が少ない中で頑張った。まじめに取り組む子が多い」と久嶋宏幸教諭。主将の熊谷颯仁(はやと)さんは「砂浜での走り込みが楽しい。コロナで今後の大会はどうなるか分からないけど、できる時期にしっかり走りたい」と意気込みを語った。(唐津支社・横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加