実家に帰省した佐賀県出身のジャーナリストの男性が、元海軍軍人だった祖父の遺品の中から短い英文の書類と私信を見つける。日付は1974年で、書類は原子力に関する対日政策を記した米国の機密文書の一部。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加