ミシンを使い、リメイク作品をつくる取越奈緒美さん=三養基郡基山町の「HANDMADESHOP TSUKURU」

 NHK佐賀放送局は12日19時半から「金サガ 思い出を仕立てて 遺品リメーク 取越奈緒美さん」を放送する。

 三養基郡基山町の取越奈緒美さん(63)は、遺品となった服やネクタイなどをバックやポーチに作り替える店を経営している。 仕事は単なるリメークではない。手にした人が故人に思いをはせられるようにと、作品にこと細かな工夫を凝らす。そんな思いが伝わり、店には全国から感謝の手紙が寄せられている。大切な人の「死」と向き合うきっかけになっている。「小さな工房が仕立てる命の物語をお伝えします」。

このエントリーをはてなブックマークに追加