江北町が開いた新型コロナウイルスワクチン接種対策チームの第1回会議=江北町公民館

 佐賀県杵島郡江北町は9日、新型コロナウイルスのワクチン接種に向け、初の対策チーム会議を開いた。65歳以上の集団接種では、対象者の3割に当たる約800人を見込んでいることなどが報告された。

 ワクチン接種について町は、65歳以上の高齢者の集団接種場所に町保健センターを想定し、3月中旬以降に接種券を発送する予定。12日に接種の流れなどを告知するチラシを全戸配布する。山田恭輔町長は「住民に寄り添えるように進めてほしい」と呼び掛けた。

 江北町は1日に対策チームを設置した。町福祉課を中心に全庁的に対応する。(松田美紀)

このエントリーをはてなブックマークに追加