商工中金佐賀支店と佐賀銀行は、総合物流業「松浦通運」(唐津市、馬渡雅敏社長)に対し、福岡銀行などを含む6金融機関による総額19億円のシンジケートローン(協調融資)を締結したと発表した。

 商工中金と佐賀銀行が共同で主幹事を務め、福岡銀行、十八親和銀行、西日本シティ銀行、唐津信用金庫が参加した。11億円の長期貸し付けに加え、別途8億円の融資枠を設けた。

 松浦通運は運送のほか、唐津港などを拠点とした港湾物流・荷役、営業倉庫、通関業務などを手掛ける総合物流業者で、自動車運送における24時間体制の確立など多様な物流需要に対応している。

 今回の調達資金を活用して積極的な設備投資による長短借入金のバランスを是正する。将来的にはM&A(企業の合併・買収)や設備投資などを視野に入れているという。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加