現存する最古の刀剣書とされる「銘尽(めいづくし、龍造寺本)」が、佐賀県立図書館収蔵の古文書から見つかって3年。1月10日、修復作業を終えて、1日限定で初めて公開された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加