ドライバーに安全運転を促す交通安全人形が6日、鹿島市に初めて登場した。祐徳稲荷神社近くの古枝小周辺に5体が置かれ、児童らが「ゆうちゃん」「とくちゃん」などと命名。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加