虹村ねりさんが手がけた「君じゃなかった」のジャケット(提供)

LUAさんが情報を発信するツイッターにアクセスするQRコード

 唐津市厳木町出身のシンガー・ソングライターLUA(ルア)さんが10日、2枚目のシングル「君じゃなかった」を配信リリースする。疾走感にあふれたピアノロック曲で、恋愛のせつなさがこみあげる。

 新曲はキャッチーなサビのメロディーが耳に残るピアノロック。相手女性への恋が真実ではなかったことに気がついた男性の心情が歌われている。LUAさんは「あまり歌にされない心境をあえて歌にした。嘘のない言葉で書けたと思う」と自信をのぞかせる。

 2月中はFM佐賀など全国4局で毎日流れ、ラヂオ気仙沼とFM岩手のニュース番組では2月のエンディングテーマに選ばれた。FM佐賀では11日午後3時25分ごろから、LUAさんがラジオ番組に出演する。

 LUAさんは小城高在学中から大手レコード会社と育成契約を結び、2012年に上京。18年からソロ活動を始め、昨年12月に初シングル「メタフィクション・ガール」を発売した。

 同曲は音楽ストリーミングサービス「Spotify」で、国内外に約7万人のフォロワーがいる「シティーポップ」カテゴリの公式プレイリスト中の1曲に5週連続で選ばれた。日本を中心にアメリカや台湾などで、1カ月の間に約1万回再生を記録したという。

 10日19時からは、YouTubeで新曲のミュージックビデオも公開する。LUAさんは「ポップな絵柄でせつない映像に仕上がっているので、ぜひ見てほしい」と呼び掛ける。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加