東松浦郡玄海町は8日、前日に職員の新型コロナウイルス感染が判明したことを受け、役場本庁舎と値賀出張所を臨時閉庁にした。9日も同様の措置を取る。町民会館と館内に併設している社会体育館、町立図書館も休館し、8日に予定していた町議会定例会2月会議も延期になった。

 感染したのは50代の男性職員。町は県が男性から聞き取った行動履歴をもとに、本庁舎や出張所、町民会館を臨時で閉庁や閉館とし、消毒作業を実施。死亡届や婚姻届、住民票などの受け渡しは本庁舎の守衛室で対応する。義務教育学校の玄海みらい学園や町立保育園、玄海海上温泉パレアなどは通常通り運営する。

 町議会は8日、定例会2月会議を開く予定だった。会期は1日で、仮屋地区の護岸工事に関し、工事内容の変更についての採決が予定されていた。新たな2月会議の日程や、21年度当初予算案の審議などが行われる3月会議への影響について、町は「現時点では分からない」と話している。(中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加