国家資格「国内旅行業務取扱管理者」を取得した嬉野高3年の平野佑里香さん=嬉野市嬉野町の同校

 嬉野市の嬉野高観光・流通系列3年の平野佑里香さん=武雄市=が、国家資格「国内旅行業務取扱管理者」試験に合格した。平野さんは「先生が試験勉強の資料を作ってくれて、放課後も説明してくれたおかげ」とし、合格を喜んだ。同校の生徒の合格者は3年ぶり。

 試験は旅行業法、旅行業や運送などについての約款、料金計算など国内旅行実務の3科目で、全科目60点以上が合格点となる。試験は昨年9月に行われ、今年の合格率は全国で36・1%(3科目受験者)で、合格者に占める19歳以下の割合は20・1%。資格を取得すると、旅行会社への就職に有利になるほか、旅行業の起業も可能になる。

 平野さんは本が好きで、司書を目指して県内の大学に進学するが、「コロナが落ち着いたら、旅行業者として、観光客とツアーに行くのも楽しそう」と夢を膨らませている。(松田美紀)

このエントリーをはてなブックマークに追加