2期目の就任式で、幹部職員を前にあいさつする唐津市の峰達郎市長=市役所大手口別館

 任期満了に伴う唐津市長選で再選を果たした峰達郎市長(60)が8日、就任式に臨んだ。幹部職員約50人を前に「誇れるふるさと、唐津市を皆さまとともに進化させていきたい」とあいさつした。任期は6日から4年間。

 峰市長は、初当選した2017年からの1期4年間での職員たちの尽力に対し礼を述べた。

 その上で、変化する労働環境やストレス社会の中でも「失敗や責任の重さ、重圧を恐れずにチャレンジする姿勢を」と職員たちに求めた。また「市民に寄り添い、寄り添えるスキルを上げて。そして安心、安全を与え、頼られる市政を皆さんとともに創造していこう」と呼び掛けた。

 峰市長は初当選時と同様、今回も職員の出迎えを固辞し、就任式の出席者はコロナ対策として密を避けるため、副部長級以上を対象とした。(成富禎倫)

このエントリーをはてなブックマークに追加