県内の5消防本部合同の水難救助訓練が10日、鹿島市山浦の中木庭ダムで行われた。各消防本部の隊員ら約110人が参加。要救助者に見立てた人形を水中から引き上げる訓練を通し、救助手順や連携を確かめた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加