書や絵画など多彩な作品が500点以上並ぶ県障がい者文化芸術作品展=佐賀市城内の県立美術館

 県障がい者文化芸術作品展(県主催)が、佐賀市城内の県立美術館4号展示室で開かれている。個性あふれる書や絵画など581点の作品を展示。14日まで、入場無料。

 文化芸術に出会い、楽しむ機会を提供し、親しむ人の裾野を広げようと開き、今回で20回目になる。書、絵画、写真、工芸、手芸、和・洋裁の6部門あり、最高賞の知事賞には、佐賀市身体障害者福祉協会大和支部の谷口絹江さんの書が選ばれた。訪れた人は、多彩な作品を一つ一つゆっくりと鑑賞していた。

 知人が入賞したと聞き、訪れた佐賀市の自営業男性(35)は「前向きでパワフルな作品ばかりで、かっこいいと思った。パワーをもらえた」と話した。

 金賞以上の入賞作品の一部は、16~23日までイオンモール佐賀大和店2階(佐賀市大和町)に展示される。(西浦福紗)

このエントリーをはてなブックマークに追加