佐賀銀行(佐賀市、坂井秀明頭取)は、家族信託のサービス取り扱いを始めた。高齢化や長寿化が進む中、資産管理と円滑な資産承継を支援する。

 家族信託は認知症などで判断能力が低下することに備え、信頼する家族らに金銭や不動産などの財産を預け、管理や処分を任せる制度。

 佐賀銀行では家族間の信託契約に基づいて、資産を預け入れるための口座を開設するほか、信託財産に賃貸不動産などが含まれる場合、必要となる改修工事費用を融資するメニューも用意した。詳しい相談が必要な場合は、同行の提携先である民事信託を専門とする「山田エスクロー信託」(横浜市、篠笛弘一社長)を紹介する。

 坂井頭取は「大切な資産をお客さまの思いに沿って引き継いで頂くためにサポートする」と話す。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加