唐船城址東側の工事現場(山谷牧工区)

 伊万里有田共立病院(有田町二ノ瀬)につながるセラミックロードの山谷牧工区の完成は3月末日のようだ。工事区間には岩盤の難所があり、民家に近い所ではダイナマイトが使えず、予想以上に工事が長引いてきた。

 現在工事が行われている唐船城址東側の切り出しには、白磁鉱の地層や黒曜石の地層が見受けられた。東南の方角には泉山の磁石場があり、東北の方角には黒曜石の産地として知られる腰岳が広がっている。

 昨年10月から始められたこの工区では、切り出し区間に土砂崩れ防止のせきが設置されていて、ここも難工事なんだなと思わせる。唐船城址の空堀発掘調査に立ち会っていたので、この工事の行方を見守っていた。とにかく3月には完成の予定だ。一部供用されているが病院までの全線開通までには、もうしばらくかかりそうだ。(地域リポーター・藤泰治=有田町)

このエントリーをはてなブックマークに追加