有田町で認定こども園などを運営する社会福祉法人の同行会(武重範子理事長)は、5月に同町本町にオープンする児童発達支援と放課後等デイサービスの施設の利用者を募っている。

 施設名は「こども発達支援ルーム・ぴあるーと」。木造一部2階建ての建物を改装し、同会が別の場所で開いている放課後児童クラブ同朋の輪(2021年度分募集終了)を併設する。施設長、児童発達支援管理責任者、保育士2人の計4人と、非常勤で公認心理師を配置する。

 児童発達支援は就学前の子どもが対象で、開所時間は月曜日から金曜日までの午前10時~午後1時。放課後等デイサービスは18歳までの就学児が対象で、平日が午後2~5時、長期休暇時が午前10時~午後5時。定員はそれぞれ合わせて1日10人。自治体発行の受給者証が必要。

 通所相談は2月13日から毎週土曜日、同朋天神保育園(要予約)で行う。落成式と見学会は4月24日を予定。運営管理責任者の武重大輔園長(44)は「放課後児童クラブを併設することで子どもたちが交わる場になれば」と話す。問い合わせは同園、電話0955(41)1551へ。(古賀真理子)

このエントリーをはてなブックマークに追加