佐賀海苔を受け取った浜崎小の子どもたち=唐津市の同校

給食で佐賀海苔を頬張る子どもたち=唐津市の浜崎小学校

県有明海漁協の西久保敏組合長から佐賀海苔を受け取る浜崎小の子どもたち=唐津市の同校

 「海苔の日」に合わせて、県有明海漁協と県は県内の小学校と特別支援学校179校の児童に「佐賀海苔」を贈った。代表で受け取った唐津市の浜崎小では、子どもたちが香り豊かな海苔を頬張った。

 日本最古の法典「大宝律令」では租税の一つとしてノリが記されており、大宝律令の施行日(702年2月6日)を海苔の日としている。

 生産量や販売額日本一の佐賀海苔を味わい、関心を持ってもらおうと2011年から贈呈している。5日に浜崎小で開かれた贈呈式では、県有明海漁協の西久保敏組合長が「おいしいと食べてもらえると生産者も喜ぶ。毎日食べてコロナを吹き飛ばし、勉強やスポーツに励んで」とあいさつした。

 子どもたちは給食時間にノリを味わい、1年の古舘憂峨君は「食べると軟らかくなり、甘くておいしかった。そのまま食べるのが好き」と笑顔を見せた。(横田千晶)

佐賀海苔の食感楽しむ 唐津市浜玉町の浜崎小
このエントリーをはてなブックマークに追加