佐賀県は6日、唐津市の70代女性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内での感染確認の累計は、再検査で偽陽性と判明した事例があったため1人減り、延べ976人になった。

 県によると、4日に感染を確認したと発表していた佐賀市の60代女性は、委託先の医療機関の抗原検査で陽性だった。その後の調査で感染者との接触が確認されず、5日のPCR検査で陰性が確認され、医師が発生届を取り下げた。

 また、県は5日に感染が分かった6人の概要も説明した。小城市の10歳未満の男女2人は、既に感染が分かっている小学校教諭の30代女性が勤務する学校の児童だった。この2人を含む児童や教職員計37人を検査しており、ほかは陰性だった。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加