「日本リーグでプレーをするレベルではなかった」。主将のRW荒川蔵人が試合後に発した言葉が、この日のチームの出来を物語っていた。トヨタ紡織九州は、リーグ10位に沈む北陸電力に25-37で大敗。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加