映画「越年 Lovers」のスチール写真を展示している富永茂樹さん=佐賀市のcosa

 佐賀市の写真家で料理人の富永茂樹さん(50)が撮影した映画「越年 Lovers」のスチール写真展が、佐賀市中央本町のデリカテッセンcosa(コサ)と同市松原のシアター・シエマで始まった。銀世界で俳優たちを活写した全61枚を展示している。18日まで。

 映画の撮影中、峯田和伸さん(銀杏BOYZ)や橋本マナミさんら出演俳優の表情を捉えた。ロケ地の山形市蔵王では激しい吹雪に見舞われ「レンズを一本駄目にした」というが、「大変だった分だけ今は喜びもひとしお。映画が公開されてうれしい」と語る。

 富永さんは佐賀県美術展覧会写真部門の一席に相当する知事賞など、公募展で受賞を重ねてきた。同作の助監督で佐賀北高在学時からの友人大野伸介さん(50)=東京都=から依頼され、2019年2月に撮影チームに同行。昨年12月から全国公開された同作の宣伝用写真を撮影した。

 シエマでは18日まで同作を上映し、7日午後2時ごろからは富永さんが登壇し、大野助監督らがオンラインで出演する舞台あいさつを開く。午前11時40分から同作を上映後、映画チケット代のみで参加できる。問い合わせはシアター・シエマ、電話0952(27)5116。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加