江北町佐留志と惣領分の氏神である堤雄神社の、99年ぶりとなる本遷座祭が8日夜にあった。拝殿と中殿の建て替えに伴い、4月から仮神殿に移していた神体を本殿に帰す儀式で、約60人の氏子らが見守った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加