江戸時代から昭和中期ごろまでの道具や美術品などを販売する「骨董(こっとう)&蚤(のみ)の市」が26日午前9時から、多久市多久町の同市物産館「朋来庵」南側広場で開かれる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加