佐賀県神埼市千代田町の民家に陸上自衛隊目達原駐屯地(神埼郡吉野ヶ里町)所属のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落した事故から3年となった5日、岸信夫防衛相は閣議後会見で「改めて大臣として心よりおわび申し上げたい」と述べた。

 事故について「国民の命と平和な暮らしを守るべき自衛隊が、民家の損傷、住民を負傷させるなどの被害を発生させ、地域住民の方々の安全を脅かしてしまった」と陳謝した。隊員のパイロット2人が死亡し「痛恨の極み」と悼んだ。

 事故調査委員会の調査や警務隊の捜査結果を踏まえ「再発防止策を徹底し、このような痛ましい事故が二度と起こらないように取り組んでまいりたい」と話した。警務隊から「刑事上の責任を追及すべき対象が認められなかった」とする捜査結果の報告を受けたことも明らかにした。(山口貴由)

事故当時のニュース(2018年2月9日)
このエントリーをはてなブックマークに追加